イベント一覧

  • お祭り情報
  • 南区
  • 笠寺観音商店街振興組合

つなぐ・つながる2021~かさでら観音亀池アート~が始まります。

つなぐ・つながる2021~かさでら観音亀池アート~が始まります。

開催日時 2021年01月31日(日)~2021年02月28日(日)


今年で5回目となる、笠寺のアートイベント”つなぐ・つながる~アートで楽しむ笠寺~”が、1月31日から始まります。
今回は、今年恵方寺となる笠寺観音の放生池(通称:亀池)を舞台に、
3人のアーティスト、篠田ゆき、鈴村由紀、山田明広が、アートとビオトープの融合を目指します。

☆篠田ゆき(Yuki Shinoda) 1988年大阪生まれ。
ドローイングをベースに、様々な素材を用いて作品を制作。詩作、現地制作等に取り組む。
インスタレーション作品は、空間などからインスピレーションを得て制作する。

【略歴】
2020 いなフェス 2020 いなフェス実行委員会 岐阜
2020 イナイナイアート 茅野市美術館 長野
2019 KAMISEVEN2019 セントラルアート ギャラリー 愛知
2019 Artwark ホウ ボウ 2019 Artwark ホウ ボウ 実行委員会 愛知
2019 LIFE WORK2019 life work 企画 愛知
2019 いなフェス 2019 いなフェス実行委員会 岐阜
2019 森 の ピクニック ガー デン 森 の ピクニック ガー デン 実行委員会 愛知
2019 《根に帰る》 Return to The Roots 自然と人間展 AMC 愛知
2018 Photo ×Art Field 展 PAF 愛知

☆鈴村由紀
ダンサー、造形作家。 ダンス公演にてライブドローイン グを取り入れた作品を作った事により、自身も絵を描き始める。
以後、子供の頃から好きだった工作に夢中になり、流木シーガラスを使った作品等を制作している。
陶芸家としても活動。

【略歴】
2015,16 小さな鳥のス バコ 展 Gallery White Cube Nagoya Japan にて出展
2016 11 月 鈴村由紀作品展「踊る絵 踊らない体」喫茶コエタロにて開催
2017 2 月「朽ちていく木は強く座る」発表。
2018 2月佇む記憶「映り込む風景は生きているのか死んでいるのか」発表
   つなぐ・つながる〜アートで楽しむ笠寺〜にて第四回宇宙派展出展
2019 1月「冬の佇まい」発表。つなぐ・つながる~アートで楽しむ笠寺にて
   2月 第五回宇宙派展出展
   10月「久米亭にお邪魔します」瀬戸アートウォークホウボウ 2019
   12 月 C ENTRAL ART Contest KAMISEBN2019 グラン プリ 受賞       
2020 稲作 アートフェスティ バル

☆山田明広 愛知県出身 1994年生まれ
北里大学 生物環境科学科を卒業後、岩手県にある写真家の持つ土地で居候を始める。
そこで田んぼや畑、林、池、川、そしてたくさんの植物に囲まれながら、
湧き水を汲み、薪を割り、ビニールハウスのアトリエで絵を描きながら暮らす。
その後、愛知や岩手を行き来しながら制作活動を続けている。

【略歴】
2016 アースデイ青森 2016 木片に絵を描くWS (青森)
   個展「自分を解き放つ」@アトリエいっぷく (青森)
2017 アースデイみやぎ大崎
2017 WS「植物をまとう」(宮城)
2019 コヅカアートフェスティバル2019
   ユニットYutreet Boys.足草 として参加(千葉)
2020 APA BEST 10 vol7 @GALLERY APA(愛知)
   山田明広展 青い生命 @GALLERY APA(愛知)
   稲作アートフェスティバル2020 田んぼでアート(岐阜)

イベント案内

住所〒457-0051 愛知県名古屋市南区笠寺町

アクセス名鉄本笠寺駅から徒歩5分